忍者ブログ
帰ってきたyokeのブログ。JR東海運用情報の更新情報も兼ねています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/06 ルイヴィトン時計]
[08/06 ブルガリコピー]
[08/06 偽ブランド時計]
[07/27 black & gold adidas]
[03/24 NTM]
[03/20 yoke]
[03/16 mike]
[03/14 mike]
ブログ内検索
カウンター
2011.10.18より
アクセス解析
Mon
2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年05月21日

前回のおさらい

ATS-PT講座前回は、信号を防護する地上子について、ロング・直下・消去用の三種類があること、信号の現示条件に応じて、停止位置までの距離を車上子に送信していることを説明しました。まずは、簡単にまとめましたので、おさらいしておきましょう。

下図は、前回用いた図を動画にして1枚にまとめた事例です。着目していただきたいのは、第3閉塞信号機の現示状態と、停止位置の関係です。

ATS-PTと信号現示

ATS-PTは、停止現示を示している信号機の10m手前で列車を停めます。このため、この停止位置までの距離を、地上子は列車(車上装置)に送る必要があるわけですね。上の図の事例の場合、第3閉塞信号機にぶらさがっている地上子が送信するのは、下表の距離になります。

地上子にセットする送信電文例(停止位置までの距離)
地上子の種類 地上子名 第3閉塞信号の現示
停止(R) 注意(Y) 進行(G)
ロング地上子 TL-600 * 588m 1,388m 2,120m
消去用地上子 TR-210 200m 1,000m 1,728m
直下地上子 TM-30/TS-30 ** 20m 820m 1,548m
* 送信距離は送信ビットの関係で4mの倍数となる(第4回参照
** 直下地上子は、停止現示のとき非常ブレーキ作動パターンも送信(後述)

このように、各地上子が送信する距離は、信号の3つの現示条件に合わせて、それぞれ3パターンしかないことがわかります。したがって、第3回で説明した無電源地上子(電文可変タイプ)に、この3つの距離をセットしておき、それを信号機の現示に合わせて切替えるというわけです。上の事例は3現示式ですが、無電源地上子は5種類までの電文を格納できますので、減速や警戒信号もある5現示式でも対応可能です。

ATS-Pと聞くとなにやら複雑なネットワークで処理しているイメージが強いですが、ことPTの地上子に関しては、上に説明した信号機と地上子だけのローカルなネットワーク、言ってみれば家庭内LANのような構成が大半です。ATS-PTはこの簡単な構造を採用して、地上子の設置コストを抑えています。

ロング地上子

続いて各地上子の解説です。まずはロング地上子。信号機の情報を最初に送信する地上子で、信号機の手前600mに設置します。地上子にはTL-600と書いてあるのが確認できます。Tはトランスポンダ(Transponder)の頭文字。Lはロング(Long)。600は信号機からの距離(メートル)です。

この600mという数字に、見覚えがあるかもしれません。いわゆる「600m条項」で「列車は600m以内に停止しなければならない」という在来線の高速化を縛ってきた規則です。現在はこの規則自体は消滅していますが、高規格の高速新線でもない限り、事実上はいまも準用されています。というわけで、ATS-Pでは速度照査を行うにあたって600m手前で情報を送ることが前提になっており、ロング地上子もこれに従っています。ただし、障害物があって設置できないときは、多少前後にずらすことがあります。このため、TL-610と書かれたロング地上子もあります。

さて、停止を現示している閉塞信号機に、列車が近づいてきました(下図)。ロング地上子を列車が通過すると、次の信号が赤であること、停止位置まで588m(590mを4m単位に切り捨て)であること、そのほか停止位置までの下り勾配情報をデジタル電文にて送信。車上子がこれを受け取り、列車に搭載した車上装置は、これらの情報をもとに速度照査パターンを作成します。

ロング地上子と速度パターン

あとは、ATS-PT講座第2回で説明したとおり、車上装置が速度と残りの距離を計算して、速度照査パターンと照合していきます。状況に応じて警告を発し、それでも速度が落ちずにパターンに当たると非常ブレーキをかけます。このようにATS-P形では、ロング地上子1個あれば十分な速度照査ができます。

ところで、上の図を見るとあることに気づきます。速度パターンが0まで行かず、あるところで速度一定のラインに変わっています。そう、ATS-Pには絶対停止がないんですね。これは地上子を使うATSの宿命みたいなものです。いくら停止信号で止まらなければならないとはいっても、その後信号が上位に変化して、発車してもよいとなったとき、その情報は地上子を通過して受け取らなくてはなりません。そのとき「絶対動いちゃダメ」なんてATSに縛られると、地上子を通過できず、ずっと動けないことになります。

レールから直接情報を受け取れるATCは停止状態でも電文を受け取ることができるので、絶対停止も可能ですが、地上子を用いるATS-Pは不可というわけです。このため、ATS-Pの減速するパターンは途中で終了し、10km/h一定の頭打ち速度照査パターンに切り変わります。

直下地上子

次に直下地上子です。ロング地上子とは逆で、信号にもっとも近いところに置きます。ATS-PTの場合、閉塞信号機や場内信号機は手前30mに置き、出発信号機は20m手前に設置するのが基本です。出発信号機が20mとなっているのは、駅の停車位置が出発信号機に近い場所の対処でしょう。閉塞・場内信号機は停止現示のとき、信号機の50m手前で停車するのが所定の運転取り扱いですが、出発信号機は駅の構造によってはそうも行かない場合もありますからね。たとえば、名古屋駅8番線は出発信号の9m手前に直下地上子を置いています。

直下地上子は、TS-30(または20)と書かれたものと、TM-30と書かれたものがあります。TSのSはロングの逆でshortの頭文字でしょうね。場内信号機や出発信号機、さらに場内相当の閉塞信号機など、無閉塞運転が禁止されている絶対信号機の直下地上子です。一方、TM-30は一般の閉塞信号機に対する直下地上子で、MはMuheisoku(無閉塞)の略でしょうか(笑)。

さて、直下地上子の役割としては、

  1. 停止信号を超えそうな車両に非常ブレーキを作動させる
  2. 停止信号で停止した列車に、上位変化(停止→注意・進行)の情報を与える

この二つがおもなものです。このほか無閉塞運転時の速度照査機能もあるのですが、上記について説明を加えます。

直下地上子の役割(1) 停止信号手前で強制非常ブレーキ

ロング地上子によって発生した速度パターンで、大半の防護はOKなのですが、これに加えて停止信号を超えそうな列車に対し、直下地上子は強制的に非常ブレーキを作動させます。その仕組みを見てみましょう。

下の図を見てください。さきほどのロング地上子で距離情報を受けて、速度パターンを作成した列車が、速度を落としながら停止信号に近づいてきました。信号機は相変わらず停止のままです。規則では信号機の50m手前で停まることになっていますが、これを運転士が失念してどんどん信号機に近づいて来たとします(図・左側)。

ATS-PT直下地上子と列車 ATS-PT直下地上子による強制非常ブレーキ

ここで直下地上子を通過しました。直下地上子は停止現示のとき、図・右側に示すような、速度パターンがドッカンと落ちるパターンを車上装置に作らせます。このような突然に変化するパターンができると、警告音もなく非常ブレーキがかかるというわけです。これは、絶対停止のないATS-Pで強制非常ブレーキをかけるための方策。もっとも、ごく遅い速度で進入すれば通過もできるのですが^^;

直下地上子の役割(2) 信号の上位変化を伝える

一つめは異常時の動作でしたが、こちらは正常な運転を行ったときの動作です。

停止信号に従い、信号機の手前50mで列車が停止しました。規則どおりの運転です。さて、ここで信号が停止から進行や注意に変わりました。信号は変わったものの、車上装置が作成した停止パターンはまだ生きていますので、パターンを更新しないと列車は信号を超えて進むことはできません。そこで列車は、新しい停止位置情報を直下地上子から受け取って、車上のパターンを更新するわけです

その様子を下図に示します。次回にお話しする消去用地上子と同様の役割で、日常的にはもっとも多い使われ方です。

ATS-PT直下地上子による速度パターンの更新

上の図でいくと、直下地上子(信号手前30m)を通過すればパターンは更新され、すぐに加速ができる理屈です。しかし、ATS-PTの車上装置はコストを抑えたためか、直下地上子を通過したことを運転士が知る術がないのです。JR貨物のATS-PFやJR東日本のATS-Psは、運転台に速度パターンが表示されるモニタが付いているのですが、ATS-PTの車上装置にはありません。地上子を通過しても音もしません。このため、運転士はパターンが更新されているかわからないので、信号機を通過するまでの50mを10km/h以下で走行しなければならないんですね。

ATS-PT導入以来、駅の手前で一度停止信号に引っかかると、信号が変わった後も恐ろしくゆっくり走っているのは、これが原因なんです。


ATS-PT講座・次回は消去用地上子について解説します。

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
回復運転が難しい
10km/hパターンに引っかからないようにたいていは5km/hぐらいで走行するようです。
ちなみに、一回停止現示を見ると、その次の閉塞までは減速し続け、最終的に信号機を5km/hくらいで通過しています。
313ユーザーさん / 2011/05/22(Sun) /
状況によりけりです。
運転士によってバラバラですが、10km/hを超えないように運転しているようです。
5km/hの人もいれば、9km/hぐらいの人もいます。ただし、信号機建植位置までは速度を上げないというのが、現状の取り扱いルールとなっているのは共通しているようです。

一旦停止してしまうと、50mを10km/hで走行しますから、この間に20秒もかかります。もともと停止信号に引っかかるのは、ダイヤに遅延が発生している状況なわけですが、PTの取り扱いによって遅れに拍車がかかることになります。
実際はもっと早くパターンは更新されているわけで、非常に無駄な運転方法です。なんらかの対策を取ってほしいですね。

>一回停止現示を見ると、その次の閉塞までは減速し続け、最終的に信号機を5km/hくらいで通過しています。

これはいろいろです。
次回説明しますが、あきらかに信号が上位変化してから消去用地上子(TR-210)を通過したような場合は、あまり減速せず、注意現示の速度(45~55km/h)程度でそのまま走行するケースもあります。
また、中央線の名古屋~高蔵寺・東海道線の岡崎~尾張一宮間は、消去用地上子を他の区間に比べて多めに設置してあるので、状況も異なるようです。
yokeさん / 2011/05/22(Sun) /
質問
名古屋駅臨港本線の金山方出発信号機(13R)にはTS地上子の更に信号寄りに「13RHCK1」と書かれた地上子を見かけます。これはどんな働きですか??あと、信号ではなくカーブの速度照査地上子にはどんな記号が付けられてますか??
旅人さん / 2016/09/03(Sat) /
Trackback URL
Wirtten byyj2
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]