忍者ブログ
帰ってきたyokeのブログ。JR東海運用情報の更新情報も兼ねています。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[08/06 ルイヴィトン時計]
[08/06 ブルガリコピー]
[08/06 偽ブランド時計]
[07/27 black & gold adidas]
[03/24 NTM]
[03/20 yoke]
[03/16 mike]
[03/14 mike]
ブログ内検索
カウンター
2011.10.18より
アクセス解析
Sat
2017年12月16日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015年03月13日

JR東海運用情報は、みなさんから運用情報掲示板に寄せられた情報を元に作っています。大量の列車情報をいただくため、投稿テンプレートの使用を推奨していますが、ここで使われるK4とかY4などの略号や、編成の簡単な見分け方について、ここで解説することにします。

今回は、東海道線編。大垣車両区所属車の運用がメインですが、浜松地区では静岡車両区、米原地区ではJR西日本の車両も混ざります。なお、中央線・関西線については、以下をご覧ください。

まず、東海道線名古屋地区の車両を見てみましょう。普通・快速に使われる車両は、313系と311系の2つだけです。

313系311系

このほかホームライナーで681系も走りますが、武豊線の電化により、キハ75・キハ25の運用が消滅し、すっかりバリエーションが減りました。大半は313系であり、たまに311系が見られる程度。

編成略号について

列車の編成情報を投稿していただくとき、一つずつ○○系○○番台の○両と書くのは面倒ですよね。さらにJR東海は併結が多く、番台区分も複雑ですので、投稿には手間がかかります。そこで、簡単に投稿いただけるよう、当サイトではY4とかG4といった独自の編成略号を定めています。編成記号と似ていますが、そうではなく、編成記号のアルファベット + 両数を基本にしています(ただし、重複を避けるため一部例外もあります)。

では、それぞれの形式の編成両数や番台区分の違いを区別する方法、および投稿時に用いる略号について説明します。

東海道線(名古屋地区)で運用される313系

外観はどれもほぼ同じ313系ですが、番台区分によるバリエーションそのものは少なくありません。番台を大きく分けると、千位が0は転換クロスシート・車端部ボックスシート、千位が1は転換シートに車端部のみロングシート、千位が5は全転換シート。これに飯田線用の千位が3・セミクロスシート・ワンマン仕様が間合いで走ります。車内色は3000番台のみグリーン系、その他はすべてブルー系です。

さて、運用別に見てみましょう。

東海道線で運用のある313系(名古屋地区)
投稿時
略号
番台区分編成
両数
編成記号在籍数座席(色)行先
表示器
座席備考
Y2 300番台 2両 Y31~ 16 転換(青) 幕式 車端部ボックス席
5300番台 Z1~ 5 転換(青) LED 全席転換
Y4 0番台 4両 Y1~ 15 転換(青) 幕式 車端部ボックス席
Y6 5000番台 6両 Y101~ 17 転換(青) LED 全席転換
J4 1100番台 4両 J1~ 10 転換(青) LED 車端部ロング
R2 3000番台 2両 R101~ 16 セミクロス(緑) 幕式 -
M2 1300番台 2両 B501~ 24 転換(青) LED 神領所属

さて、番台区分・運用区分の見分け方ですが、まずは編成両数に着目してください。6両固定編成は5000番台(Y100編成)しかありませんので、投稿略号はY6になります。

次に4両固定編成ですが、0番台(Y編成)と1100番台(J編成)があります。前者は最初に登場した1次車で行先表示器が幕式。後者は最近登場した4次車でLED式です。したがって、4両固定編成の場合は、行先表示器が幕式ならY4(0番台)、LEDならJ4(1100番台)となります。

313系の2両編成の違い

さて、313系の2両編成は区別がややこしいので、あらためて表を書いてみました。以下の4区分番台があります。

東海道線(名古屋地区)で運用のある313系2両編成
投稿時
略号
番台区分編成記号窓割り座席(色)行先
表示器
パンタワンマン
Y2 300番台 Y31~ 5分割 転換(青) 幕式 1箇所 -
5300番台 Z1~ 5分割 転換(青) LED 1箇所 -
R2 3000番台 R101~ 不等分割 セミクロ(緑) 幕式 2箇所 対応
M2 1300番台 B501~ 5分割 転換(青) LED 2箇所 対応

このうち5300番台は300番台と混用することが多いので、運用調査の中では区別せず、ともにY2とします。その他は、窓割り(下図参照)、パンタグラフの数、座席、ワンマン対応などで区別します。

2両編成の窓割(縦桟の位置)の違い
300/5300番台
1300番台
Y2・M2
3000番台
R2

このように3000番台は、ほかと窓割りが異なっています。また、ワンマン仕様車(3000番台・1300番台)は、側扉横にドア締め切りを示すLED表示器が付いていることが特徴です。

その他の車両

では、313系以外の車両です。と言っても、311系だけになりました。

東海道線で運用のあるその他の車両
投稿時
略号
形式編成
両数
編成記号座席(色)行先
表示器
備考
G4 311系 4両 G1~ 転換(グレー) 幕式  

このほか、名古屋地区ではまれに神領区所属車が走ることがあります。神領区の車両は投稿ガイド(中央線・関西線編) をご覧ください。また、浜松地区では静岡区の車両も走りますので、投稿テンプレートの略号解説に従ってください。

併結時の編成

JR東海は複数の編成を併結して用いることが多くなっています。当サイトでは、併結編成を示す場合、下り列車の先頭を前に書くルールにしてあります。東海道線なら、上り下りに関係なく米原方を前(浜松方を後)とするルールです。以下に例を示します。

東海道線でよくある併結編成
投稿時略号編成
←米原・浜松→
備考
G8 311系(4+4) 311系の8両
Y44 313系(4+4) 313系0番台の8両
Y42 313系(4+2) 313系0番台と300番台による6両
Y26 313系(2+6) 313系300番台と5000番台による8両
Y2G4 313系(2)+311(4) 313系300番台と311系による6両

編成略号を米原方から並べて書くのが基本。ただし、311系8両は4+4以外に組み合わせがないので、簡単にG8としています。


このページの写真について


関連ページ

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Wirtten byyj2
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]